スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年12月18日

Vショーが終わって



先週末に開催されたVショーにて土曜参加のS.B.I & G.A.Wブースで売り子を
やらせて頂いてました。
そこでG.A.Wより販売していたDSGギアのデモ用として、自前のSR-635を持参していき
来場されたお客様に大変好評で嬉しい限りでした。




夕方近くまでは快調に動作していたSR-635も突然動かなくなり・・・
何が悪いのかと各部を確認してみると、途中から取り付けた大型バッテリーの加重に
ケーブルのハンダが耐えきれず自重崩壊してしまいました。




と言うわけで帰宅後に補修を行おうと思ったのですが、念のために内部も確認する事に。




パカッと開けてみると特に変わった様子はなく、やはり断線のみと思っていると・・・




スパーの軸がぼっきり折れていました(汗

流石に一日であれだけ動かせば無理もないと思いますが、ギアその物は今年一年
DSGと併用して酷使してきた物なので逆に良く持った方と言えるかもしれません。

ちなみに内部のギア構成はVFC純正ベベル&スパーにDSGセクターです。




他には特に目立った箇所はなく、強いて言えばシリンダーヘッドの干渉部分が
ダメージを受けていたぐらいでしょうか。

ソルボ部分がかなり痛んでいるように見えますが、実際はノズルに当たる部分が
消耗しているのとサークルカッターを使わず、適当に切り出して貼り付けたため
歪んでいるように見えるだけです。

今年一年で恐らく3万発前後撃ち込んできており、内部ギアの破損など良い機会なので
今後は補修品や換えのパーツを用意して再アセンブルしてみようと思います。  

Posted by ハンク  at 21:11Comments(0)カスタム関係