2012年05月12日

BEST GUN製MRP 再生計画③



前回の記事から随分と間が開いてしまいましたが、やっと一区切りの所まで作業が進んだので
再生計画再開となります。




以前までのおさらいとして再生計画中、最大の難所である無惨にも固定用のリブなどが
全て削り落とされたアッパー…

手持ちの工具や素材を使って修復を試みましたが、どれも上手くいかず
半場諦め掛けていましたが、5月のGW中に青森まで行く用事が出来、ダメ元で
ガンスミスエンジニアの石岡さんに相談を持ち掛けたところ・・・




なんと、爪が復活しました・・・

石岡さん曰く、幸いにもアッパー後端の肉厚があったおかげでギリギリネジを打つことが
可能だったため、打ったネジをアンカーに強力なパテを用いて爪の作り直しが出来ました。

作業中のやりとりはチョロッとツイッターでも書いてましたが完成後、当事者の私は
テンションだだ上がりでした(笑




もう一つ重要な加工に、純正以外のチャンバー移植があります。

元々BESTGUN製のMRPは初期型のメタルフレームを使用する設計のため
現在主流のシステマ型メタルチャンバーではなく、給弾部分とチャンバーが独立した
いわばマルイ純正の従来型M16A2やM4A1の様な構造の物を使用しています。

理由は後述しますが、今回はMADBULL製チャンバーをベースにMRP用チャンバーを
自作してみました。
主な加工のポイントは

・左右の水平リブの切り落とし
・HOPレバーが収まる上部のリブ形状調整
・現物合わせによる研磨加工(笑

を行っています。




アウターにチャンバーを組み込んだ状態です。
MRPアウターバレルのチャンバー基部は、純正チャンバーに設けられた上下のリブで
水平出しをする作りになっているので、まずは干渉する水平リブを削り落としています。

さらにもう一点、重要な部分がチャンバーの上部リブが当たる箇所の切り込みが浅く
システマ型のダイヤル式チャンバーでは、HOPレバーのリターンスプリングが干渉するため
この部分の全長が短いドラム式のMADBULLチャンバーを利用しています。

ただし、この部分はフライス盤などを用いれば容易に汎用チャンバーに合わせた
加工が可能であると思います。




外したパーツを取り付け、チャンバーを組み込んだところ問題なく内部で固定され
試しに指でチャンバーを動かそうとしたところ、ビクともしませんでした。

チャンバーの固定には、通常のスプリングによる固定が出来ないためアウター内部に
インナーバレル外径とほぼ同寸のスプリングを仕込み、メカボ側へ押しつけるようしています。




組み上げた後、グリップの取り付けやストックを交換してお色直ししてみました。

今後の運用はセミオートライフルとして活用する予定ですが、まだMRP用の
スコープやマウントなどを用意していないので、早めに確保して取り付けたいと思います(笑





同じカテゴリー(カスタム関係)の記事画像
修理依頼品 東京マルイ製ステアーHC
修理依頼品 ARES Amoeba M4
ARES Amoeba M4-CCPカスタム
超A級スナイパーカスタム
S&T AR57 カスタム
MAG製P90マグの給弾不良対策
同じカテゴリー(カスタム関係)の記事
 修理依頼品 東京マルイ製ステアーHC (2014-10-23 00:26)
 修理依頼品 ARES Amoeba M4 (2014-09-27 22:19)
 ARES Amoeba M4-CCPカスタム (2014-09-17 01:57)
 超A級スナイパーカスタム (2014-07-31 23:06)
 S&T AR57 カスタム (2014-06-04 19:33)
 MAG製P90マグの給弾不良対策 (2014-06-01 14:33)

Posted by ハンク  at 00:50 │Comments(0)カスタム関係

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。