2013年02月02日

カスタム依頼品 東京マルイ製M4A1 R.I.S



カスタム依頼として東京マルイ製のSTD電動ガン、M4A1 R.I.Sを預かっていました。
元々、中古で購入したとの事でそれから数年ほどノーメンテで使用されていたようです。




カスタム内容は

・レスポンス重視メカボックス
・サイレントカスタム
・2ステージトリガーカスタム
・L.D.F-HOPカスタム

とほぼフルコンプリートカスタムな内容ですが、更にバッテリーケーブルを
フロント配線からストックチューブINに変更して欲しいとの事でした。




まず、内部チューンのためメカボックスから着手します。

中を開けてみると、元が中古品とは思えないほど良好なコンディションで
このままでも十分使い続けられる状態ですが、カスタムのため殆どの部品を
強化品などに交換していきます。




メカボが一段落したら次はチャンバーのHOPカスタムに移ります。
フレームが純正品のため、今回は敢えて純正チャンバーをベースにフラットホップを施します。

これにより、僅かな調整でも0.2g~0.3gまで伸び弾道でかっ飛ばせます。




メカボ、チャンバーと内部カスタムが終了したらバッテリーケーブルをストックパイプへ
納める加工を行います。

純正のM4フレーム、ストックパイプはそのままだと素直にバッテリーINが出来ないため
フレームへの切削加工とストックパイプを社外品に変更します。

まずはロアフレームへ配線の逃がしとなるスリット加工を行い、ストック基部の短縮化と
ストックパイプとの間にケーブルが通しやすいように削り込みを入れます。

また、ストックプレートも純正品を使用するためこちらにも溝を作っておきます。




ストックパイプはG&P製Bタイプフレーム互換の物を使用しており、内部には
FLAME製LiFe9.9V 800mAhのスティックバッテリーを内蔵可能にしています。

ヒューズには繰り返し使用可能なミニサイズの20Aサーキットブレーカーを装着しています。




最後にスライドストックやレイルパーツのガタ取りを行ってカスタムは完成です。

初速は0.2g使用時で93m/s前後に収まり、サイクルも秒間19.5発とややハイサイ寄りの
セッティングに落ち着きました。

重量もフレームが純正品のためバッテリー込みでも3kgを下回り、静かに素早く
斬り込んでいける強力なアタッカー用アサルトライフルとして完成しました。





同じカテゴリー(カスタム関係)の記事画像
修理依頼品 東京マルイ製ステアーHC
修理依頼品 ARES Amoeba M4
ARES Amoeba M4-CCPカスタム
超A級スナイパーカスタム
S&T AR57 カスタム
MAG製P90マグの給弾不良対策
同じカテゴリー(カスタム関係)の記事
 修理依頼品 東京マルイ製ステアーHC (2014-10-23 00:26)
 修理依頼品 ARES Amoeba M4 (2014-09-27 22:19)
 ARES Amoeba M4-CCPカスタム (2014-09-17 01:57)
 超A級スナイパーカスタム (2014-07-31 23:06)
 S&T AR57 カスタム (2014-06-04 19:33)
 MAG製P90マグの給弾不良対策 (2014-06-01 14:33)

Posted by ハンク  at 20:32 │Comments(1)カスタム関係

この記事へのコメント
自分もストックにバッテリーを内蔵したいのですがどのようにすれば良いですか?
Posted by apatti64 at 2015年11月23日 21:19
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。