2014年05月12日

ARES製電動ガン Amoeba タクティカルギアコンバットライフル ミドル



今回、紹介するのは海外メーカーARES製のEFCS(Electronic Firing Control System)
と呼ばれる電子制御システムが組み込まれた電動ガン、AmoebaシリーズM4となります。

このシリーズは他のARES製品と比較してリーズナブルな価格も特徴であり
本体込みの電子制御製品としては手が出しやすいのも特徴であると言えます。
(各種シリーズ、およそ2万円前後)

尚、このシリーズは香港のメーカーAmoeba Airsoft扱いの商品となっているようで
ARESの公式ページでは一部シリーズの紹介のみとなっており、Amoeba側で各種シリーズが
紹介されています。

Amoeba Airsoftについては
https://amoeba-airsoft.com/index.php/en/





本体が収められたパッケージは取っ手付きな上に、銃の形に合わせた紙製のガイドが備えられた
力の入った作りとなっており、パッケージを開けると本体以外の付属品として

・分解図が記載された簡素な説明書
・Amoeba純正300連マガジン
・LMTタイプリアサイト
・クリーニングロッド
・パッチ二種類

が同梱されています。




本体は一般的なメタルレシーバーではなく、フレーム、ハンドガード共にナイロンファイバー
を用いた樹脂製となっており、本体重量はおよそ2kgとM4サイズながら圧倒的な軽量化を
実現しています。

尚、ハンドガードに装着したレールカバーは自前のG&P製Ball Ball ソフトレイルカバーです。




付属のLMTタイプリアサイトもオール樹脂製となっており、非常に軽いのですが・・・
ピープこそ開いてますが、調整ダイヤルが全てダミーのダミーサイトとなっており
ピープサイトも固定されているため、近距離サイトへの切り替えも出来ない作りになっています(汗




ダミーボルトも樹脂製ながら厚手なため、アールやスリット部分が深めに掘られており
以外に見栄えする出来となっています。

マガジンキャッチボタンは大型タイプが採用されており、操作性も良好です。
尚、こちらは金属製となっています(笑




ストックはバットプレート部にあるラッチを押すことで、バッテリーコンポーネントへアクセス出来る
作りとなっており、ストックパイプ内に小型のリポバッテリーかクレーンストックのように
チークパッド部の両端にセパレートバッテリーを納めることが可能になっています。




初速はG&G製0.2g バイオBB弾使用時にMAX80m/s台後半とコンパクトな割に
ゲームで使用するには十分な初速が出ていました。




レシーバーのテイクダウンは従来型のメタルフレーム通り、フレーム前方の
フレームロックピンを抜き取ることで、前方へ抜き出すことが出来ますが・・・
ピンの固定が非常に堅く、抜き出すにはピンポンチなどが必須です。

実はこのレシーバー、樹脂製と往年のスタンダートM4を思い出させる作りですが
ガタツキが殆ど無く、下手なレシーバーよりもガッチリした作りになっていますが
その秘密については後ほど。

話は変わって、禍々しいほどのピンク色をしたシリンダーが目を引きますが
この後、とんでもない事実が発覚します・・・


2014.5.31 追記



変わって、アウターバレル周りを見ていきます。

まずハンドガードの取り外しには、バレル基部へ固定している3本の六角ネジを外した後
ハンドガードのフロント側左右にある小さな穴から六角レンチを突っ込み、フロントサイト基部を
止めている芋ネジを取り外すことで、ハンドガードとフロント側のアウターごと取り外せます。




アウターバレル周りを全て取り外した状態です。

アウター基部その物はSTDタイプ電動ガンと同タイプの物で、互換性までは確認していませんが
そのままか、若干の加工を入れるだけで各種STD用アウターバレルが使用出来そうな作りです。




このAmoeba M4は樹脂レシーバー仕様の割に妙に剛性が高く、フロント部分も殆ど
軋みませんが、その秘密はこのアウターバレル基部の固定方法にあります。

レシーバーへアウターバレルを差し込んだ後、専用のバレルナットで締め上げて更に
ハンドガード基部がその上に覆い被さってナットごと締め付けるという固定方法をとっており
二重三重にパーツが絡み合う事で各部の緩み止めにも繋がる強固な構造になっています。


追記、ここまで




レシーバーの固定を強固にしている秘密は、アッパー側の長く突き出た差し込み用の爪と
メカボックス側に取り付けられた樹脂パーツで、アッパーの爪を挟み込むようガッチリ保持するため
メタルレシーバー顔負けの強固な結合を実現しています。

似たような構造にVFC製HK416や東京マルイ製HK416などが存在しており
こちらも非常にガッチリとレシーバーを固定しています。




HOPチャンバーは最近主流となっているドラム式ダイヤル構造になっており
HOPレバーは先端が多点支持構造で、パッキンはやや緑がかった透明な物を使用しています。

ちなみに他社製のカスタムチャンバーを入れる際は、両側の水平だしウイングの厚みが薄く
ポン付けでは引っかかってアウターバレルに入らないため、削ってサイズを合わせる等
加工が必要となります。




ちなみにこの多点支持レバーですが・・・
チャンバーを取り出したとき、斜めにパッキンが突き出ていたため確認した所
そもそも突起のセンターがずれている上に、左右の足で長さも微妙に異なっていましたorz

真っ直ぐな弾道を得るには地道に足の長さを揃えるか、そもそも突起を削り落として
フラットな状態にして、柔軟性に優れる逃げの押しパーツを追加すると良いでしょう。




モーターはD型ピニオンが取り付けられた物が使用されており、ピニオン形状は
SHS製などに近い形となっています。

ちなみにモーターケーブルの長さが微妙に長く、グリップ内で押し込めるように
結線されていました(汗




さて、今回のモデルである意味一番気になるであろう(笑)メカボックス部分に移ります。

従来の電動ガンと大きく異なるのが、ARES独自の電子制御デバイスEFCSが
組み込まれているため、スイッチボード付近の形状が大きく異なるのが特徴です。

この技術を使用することにより、従来のカットオフ方式に頼らずセミ制御出来るほか
別売の外部コントローラーを使用することにより、各種ファイアモードの設定が可能です。
(純正状態はスタンダートなセーフ、セミ、フルの設定になっています)

尚、外部コントローラーは今回入手していないため、ファイアモード変更手順は
割愛させて頂きます。




メカボックス後方はメインスプリングスをガイドごと抜き出せる構造になっており
分解時、ラッチ解除をしなくともスプリングテンションを無力化することが出来ます。

茶色い樹脂パーツは前述したレシーバー固定用のガイドで、特に接着などはされておらず
メカボックスへはめ込まれただけとなっています。




裏側にもEFCSの制御基板が装着されています。

こちらはセクターギアの位置検出を行う基板が装着されており、基板からセクターギアの軸受けへ
伸びた素子でギアの位置検出を行っています。

尚、メカボックス分解時にはこちら側のEFCS基板の裏側にもネジが止められているので
一度、基板を取り外してから裏のネジも開ける必要があります。




もう一つ、分解時に要注意なのがグリップ基部付近のねじを取り外した際
左右二本でネジの長さが異なるため、再び取り付けるには間違えないよう注意が必要です。

これは、ボックス反対側を走っている動力ケーブルのレイアウトによる物で
ケーブルを避けるため、片方のみやや短めのネジとなっています。




メカボックス内部は、トリガーボード部の基盤を除けばそれほど大差ある構造ではなく
グリスもナニカの体液(笑)という程でもなく、やや潤滑系のシリコングリスのような
物が使われていました。

トリガースイッチ部分は見慣れた接点式ではなく、マイクロスイッチを利用しているため
BTC製FCU系の様にトリガーへショートストローク加工を入れると、従来型では比較にならない
タイミングで連続セミオート射撃が可能になります。
(あくまで、トリガーストローク長による追従性の高さであり、ギア等の動作速度による
レスポンスとは意味が異なるので誤解無きようご注意ください。)




シリンダーアセンブリは、フルサイズシリンダーにフルメタルティースピストン、過剰な吸排気(笑)
加工されたピストンヘッドなど、海外製電動ガンでは見慣れた組み合わせですが・・・




問題点その1

デチューン加工されたメインスプリングですが、自由長自体は不足していることもなく
程よい長さで組み込まれてる程度なので、それほど問題はありませんでした。




問題点その2

断面が内部に抉れたバイオレンスピンクシリンダー・・・orz

シリンダーヘッド側は綺麗に処理されていましたが、ピストン側は抜き出すときに引っかかりを感じ
よくよく確認してみると大小合わせ2カ所ほど、内部にバリが突き出ていました(汗

ギリギリ、フルストロークしてもピストンヘッドのOリングが干渉しない位置ではありますが
このパーツは開けてすぐ、廃棄指定の第一号パーツとなりました(笑




さて、長らくお待たせしましたがこれよりEFCSの構造と機能について説明します。

まず、動力ケーブルが接続された基板にはファイアモードの変更を感知する
セレクタープレートの位置検出機能が備えられています。

まずセイフティ位置は全モード共通ですが、画像のセレクタープレートに穴が開けられた箇所が
検知素子に来るとポジション1(デフォルトではセミオート)を検知し、その隣にある極小の
ネオジム磁石が検知素子と重なると、素子が磁力を感知しポジション2(デフォルトではフルオート)
と言うようにファイアモードの変更を検知します。

他社のドロップイン式FCUでは、セレクタープレートの移動によって押し込むスイッチにより
各種セレクターポジションを検出するという方式をとっていますが、EFCSの場合は
磁力感知のON/OFFによりポジション検出を行っています。

また、EFCSの場合はセレクタープレートにトリガーセイフティのパーツが組み込まれているため
セレクターがセイフティ時にはトリガーへロックがかかります。




続いて、もう一つの機能であるセクターギア位置検出について。

少しわかりにくいですが、セクターギアの軸受け付近に開けられた素子がはまる部分に
セクターギアに取り付けられたネオジム磁石が接近すると、素子が磁力を感知し
セミオート時はここで通電をカットします。

これにより、カットオフレバーに頼らずともセミオート制御が可能となっており
素子を反応させるネオジム磁石もセクターギアに開けられたダイナミックバランスを取る
肉抜き部分にはめ込まれただけなので、磁石の固定位置によってギアの停止タイミングを
変更することが可能でもあります。

ちなみに通電カット後、モーター動作を制御するアクティブブレーキの類は実装されておらず
検出位置タイミングでモーターやギアに急制動が掛かることはありません。


また、その他の機能として2セル、3セルリポバッテリー監視機能(別売りのコントローラーで設定)
がありますが、デフォルト状態では各種3セルのリフェバッテリーでも動作確認した所
特に異常はありませんでした。

今後、この銃をベースにカスタムを行う予定ですが別売りのコントローラーについても
入手次第、追加レポートを行いたいと思います。


2014.5.31 追記



先日、別売りとなっているEFCS専用コントロールユニットを入手したので、操作方法を交えて
ご紹介致します。

価格は販売店舗にも寄りますが、おおよそ6千円前後で販売されています。




中を開けるとコントローラー本体に、パッケージの表紙を兼ねた説明書が同梱されています。




まずコントローラーの使用方法ですが、コントローラーの左右に取り付けられたゴムキャップを
外すと内部にJSTタイプミニコネクタが内蔵されているので、「AEG」と書かれた側に銃本体を
「BATTERY」と書かれた側に各種バッテリーを取り付けます。

取り付けに問題が無ければバッテリー側からコントローラーへ電力が供給され
画像の通り、設定先のファイアモードを示すLEDランプが点灯します。




今回はデフォルトの「セーフ、セミ、フルオート」モードから「セーフ、セミ、バースト」モードへ
ファイアモードを切り替えてみます。

切り替えるには、コントローラー中央にあるダイヤル式スイッチを回すことで各種ファイアモードへ
機能を移行させることが出来ます。
ダイヤルを回すことで、LEDランプの点灯位置も変化するので現在どのモードを選んでいるのか
一目で分かる仕様になっています。

また、コントローラー左下にある小型のダイヤルは、バッテリー監視モードの切り替えスイッチで
Ni-MH(ニッケル水素バッテリー)、Li-Po2cell、Li-Po3cellの三種類に切り替え可能です。




ファイアモード、バッテリー監視機能を選び終えたら右下にあるENTERボタンを押します。
ボタンを押すとLEDランプが点滅し、同時にベープ音が鳴るので音が鳴り終わったら設定終了です。

これで「セーフ、セミ、バースト」モードが無事設定された状態となります。

一度設定した機能は、再びコントローラーを繋いで再設定しない限り変更されることは無いので
あとは通常通り、銃本体へバッテリーだけ繋いで設定したモードで遊ぶことが出来ます。


他社のFCU系と比べて、新たにコントローラーを購入する手間こそ掛かりますが
その分、操作が単純明快で設定しやすくトリガー操作を行う必要が無いため
ゲームフィールドなどで無用な誤解を防ぐといった事にも繋がっています。






同じカテゴリー(エアガンインプレ)の記事画像
東京マルイ製ガスブローバック S&W M&P9
S&T製 電動ガン AR57
SⅡS製 固定ガスガン H&K USP
KTW製 M70 SPR・A4
同じカテゴリー(エアガンインプレ)の記事
 東京マルイ製ガスブローバック S&W M&P9 (2014-08-03 00:49)
 S&T製 電動ガン AR57 (2013-12-22 23:52)
 SⅡS製 固定ガスガン H&K USP (2012-09-05 23:05)
 KTW製 M70 SPR・A4 (2012-01-01 22:00)

Posted by ハンク  at 01:21 │Comments(1)エアガンインプレ

この記事へのコメント
はじめまして、楽しく記事を読まさせていただいております。

自分も同じモデルのFDEカラーのを買いましたが…

外装の剛性は十分でしたが、ハンドガードとガスブロックのセンターがかなりズレている(修正にはかなりの労力が必要)、アッパーレシーバーのレール留めビスが最初からねじ切れている(どうしてこうなった?笑)等、精度と組み付けの悪さが目立ちました。
メカボも出来は良いのですが…
配線の被覆が向けてショート寸前だったりハンダ付けがいい加減だったりで。
まぁ、想定の範囲内ではあるのですが、何処のショップも純正部品の取り扱いがない事がイタイですね。

海外勢全般に言える事なのですがいつか改善される日がくるのでしょうか…?
Posted by フート at 2015年03月22日 17:02
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。