2014年09月10日

WE製 東京マルイP226シリーズ用ダミーファイアリングピン




今回紹介するのは、各種GBB等で知名度のある海外メーカーWEが販売している
GBBハンドガン用のドレスアップパーツ、P226シリーズ用ダミーファイアリングピンです。

東京マルイ製P226は内部の実射性能こそトップクラスの優秀なGBBハンドガンですが
事に外観、特にブリーチ裏の造形に飾りっ気が全くない殺風景な作りがやや残念でしたが
今回のパーツは、この部分をディティールアップする事が可能になります。


以下より、組み込み方を交えてパーツの紹介を行いたいと思います。





まず、パーツ構成は

・ダミーファイアリングピン
・ファイアリングピン用のスプリング
・本体プレート
・固定用ネジ×2

このようにしてパッケージングされています。




組み込みには本体スライドを取り外し、スライド後端にあるブリーチ及びリアサイトを固定している
ネジ2本を取り外します。




平行してダミーファイアリングピンの組み立ても行います。

本体プレートにダミーファイアリングピンを仕込む際、プレートの裏表に注意して下さい。
穴の広くなってる方がブリーチと接する面なので、そちら側から金属パーツを取り付け
更にスプリングを仕込みます。




パーツの組み立てを終えたら、スライドへ組み込みを行います。

組み込む際にはパーツの上下にも方向性が有り、平らになってる方がリアサイト側へ向くようにし
出っ張りがある方が下に向くよう組み入れて下さい。

画像の通り組み込めたら、付属の長いネジでリアサイトと一緒にパーツを固定します。




完成すれば、この様に殺風景だったブリーチ裏へダミーファイアリングピンが追加され
オリジナルの状態から格段に雰囲気が良くなります。

ですが、よく見るとプレートの長さが足りておらず、裏のブリーチとプレートで段差が出来てしまい
ハンマーをフルコックするとちょっと微妙な感じとなってしまいます(汗

ダミーでもファイアリングピンで装飾出来るのは良いですが、パーツ形状の詰めが甘く
ドレスアップ用としては中途半端な印象が残るパーツでした。

尚、今回組み込みに使用したのは東京マルイ製P226E2ですが、製品自体はP226シリーズ用
との事で、前身のモデルであるP226Rでも組み込みが出来るようです。






同じカテゴリー(パーツインプレ)の記事画像
BTC製FCU SPECTREレビュー
G&P製マリーン・バッテリー・ストック
同じカテゴリー(パーツインプレ)の記事
 BTC製FCU SPECTREレビュー (2013-10-13 17:57)
 G&P製マリーン・バッテリー・ストック (2011-12-09 23:45)

Posted by ハンク  at 22:27 │Comments(0)パーツインプレ

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。