スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年09月05日

SⅡS製 固定ガスガン H&K USP



SⅡSより、固定ガスガンシリーズ第二弾となるH&K USPです。
今回、先日のイベントにて本体のみ中古で購入した物なのでHOP調整用レンチ以外
箱及び付属品の類はありませんでした。




フロント周りはアンダーレール部分にアレンジが加えられており、汎用レール仕様となってますが
手持ちのアクセサリーではきつくて入らず、その際レールの一部が削れています(汗
セキトーによるとG&P製フラッシュライトが取り付けできるとのことです。

そしてスライドの刻印でUSPの文字の横にaと書かれていますが、コレは一体なんなのでしょうか・・




セイフティ/デコッキングレバー部分は可動し、上下に動かせますがセイフティを掛けるには
実銃とは逆にレバーを下げる必要があります。
(デコッキング機能はありません。)

また、セイフティもコックアンドロックの状態ではないと機能せずハンマーダウンの状態では
ダブルアクションで撃ててしまうなど、その機能には大きな疑問があります。
(レバーはどちらの状態でも可動します)




サイトはフロント部分のみホワイト用の窪みがありますが、ドットのないシンプルな作りです。
フロント、リアの両方ともスライド一体式なので調整は出来ない作りとなっています。




ふと気になってリアサイトを裏返してみると、全く逆の位置にドット用の窪みがありました(笑
なぜフロントにしか窪みがないのか気になっていましたが・・・3ポイントドットを作るには
リアサイト部分を自分で掘り治す必要があります(汗




HOP調整はチャンバーに開けられた穴にレンチを入れ芋ネジを回す方式です。
この辺りは一般的な固定ガスガンと同じ構造と言ったところでしょうか。




バルブノッカーはハンマーで直接叩く構造になっており、フレーム内部ではなく
スライドのファイアリングピンに当たる部分へそのまま設けられています。

固定ガスガンにありがちなのが、ハンマーを指や何かで押し込むとバルブノッカーごと
押し込んでしまう事例があるのですがこの銃も例外ではなく、ハンマーダウン時に
ハンマーを押し込むとバルブノッカーを押してしまい、ガスを放出させてしまいます。




マガジンは金属製で意外に重量があります。(約390g)
総弾数は28発と十分なキャパシティーがありますが、リップが無く弾がこぼれやすいので
本体への装填時や保管時に注意が必要です。




裏面は放出バルブのピンと周囲を押さえるネジのみのシンプルな作りです。

注意点として放出バルブのピンが外側へ僅かに着き出しているため、本体への装填時
内部で接触してガスを吹き出しやすくなっています。

吹き出す量は僅かでプシュッと鳴る程度なのですが、余り気持ちの良い物ではありません(汗




分解にはスライドストップを抜き出した後、スライドを前方へ引き抜く事で画像の通りになります。
ちなみにスライドストップには通常抜けないよう、返しのような突起が付いており
分解を繰り返すとスライド側面を割る危険性があります。

余り分解しないユーザーでしたら問題はないのですが、カスタムなどで繰り返し分解をする場合
スライドストップの突起を僅かに削っておくことをお勧め致します。




ハンマー周りはバルブノッカーがスライド側にあるため、トリガーバー、ハンマー、シアのみと
シンプルな構造になっています。




チャンバー部分を抜き出すには、まずチャンバーブロックを下へ押し出すことで
バレルアッセンブリーを抜き出せます。




チャンバー部分はプラのモナカ構造で、接着されていることもなく簡単に分割できます。

インナーバレルはアルミ製ですが、後退メカのリンク部分やチャンバーの弾をくわえる部分が
プラで出来ているため耐久性や特に命中精度に関して、弾を定位置に保持できない構造なので
精度を求める場合には抜本的なカスタムが必要となります。

軽く試射したところ、しっかりとHOPが掛かった弾道はガスガン特有の伸びのある低伸弾道
が見られるのでHOPその物の素性はよいと思うのですが・・・




最後に初速は室温25℃、G&G0.2gBB弾を使用して66m/sとやや大人しめな出力です。

全体として低価格故に随所の粗は致し方なし・・・と言うところなのでしょうが、先に触れた
セイフティの問題で安全面に疑問が残るなど、安かろう悪かろうな印象は拭えませんでした。

固定ガスガンという構造上、年中動作が安定しているという利点はありますが
年中安定したUSPが欲しい場合、価格差が気にならないならば東京マルイの電動ハンドガンに
軍配が上がると感じました。  

Posted by ハンク  at 23:05Comments(5)エアガンインプレ