スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年09月22日

MP5SD6合同カスタム



先日の函館戦の際、関東から同行した鯱が持ち込んだMP5SD6ですが
メカボ側をガンジニアの石岡さん、チャンバー側を私が担当という図らずしも
合同カスタムという形になってしまいました(笑



メカボ側は既に遠征時、石岡さんにてハイサイクルチューン済みなので
メカボはそのままにチャンバーに手を加えます。

過去何度か弄った経験がありますが、MP5のメンテ性の悪さには苦笑いしかありません(笑




チャンバーを分解し、インナーバレルにL.D.F-HOPを搭載します。

L.D.F-HOPとはG-HOPに代表されるフラットホップチューンの一種で
ガンスミスエンジニアへ私が投稿、公開されている手法です。

詳しくはこちら




バレル加工が終了したらパッキンを組み付け、チャンバーを組み上げます。

今回使用したパッキンはPDI製のWホールドパッキンをフラットホップ仕様に加工した物ですが
チャンバー内部がタイトだったためか組み付けに何度か試行錯誤を要しました(汗




組み立てが終わり、向こうでサイクルを測り忘れていたのでこちらで計測してみます。

メカ内部の回転が安定した所で抜き出した1発目を0点に、そこから4発撃ち出されるまでの
時間を計測すると約0.13秒と算出されました。
ここからサイクルを計算すると秒30発程と、かなりのサイクルが出ている事が分かります。

この後、初速を計測してみるとG&G製0.2gバイオBB弾で88-89m/s程でした。




これによりフラットホップチューン+ハイサイクルチューンという鬼のような構成に仕上がり
銃のオーナーである鯱も満足してくれる事と思います(笑  

Posted by ハンク  at 23:14Comments(0)カスタム関係